おしらせ

ジングルベ〜る♪ジングべ♪♪

 

 

 

 

 

                                                             追加の写真は当宿の屋内テラスから撮影した諏訪湖の夜景☆Xmasイブ24日17時ごろ。。なんだか夢の国のように綺麗♪♪

 

 

とうとう、子ども達が楽しみにしてるクリスマスがやって来ます。

でも、ご存知ですよね。。。

クリスマスって、

そんなドンチャン騒ぎをしたり

豪華なご馳走を頂くだけのお祭りじゃないと。

イエス・キリストの誕生した日という風には言われておりますが、

粗末な馬小屋でお生まれになったという事はチラホラ耳にした事があるでしょ。

そうなんです。

今みたいに、あったか〜い、清潔なお部屋で

マリア様はイエス様をお産みになったんじゃなくて〜

暗くて、臭い、汚い、馬小屋でお産をされたんですね。

いやぁーー現代人はとても真似できませんね。。

 

つまり、神様は人間に扮したイエス様を

恵まれない環境で誕生させたのです。

いわゆる不運な境遇。。。

世の中には、

もっと悲惨な本当に厳しい生まれ方をする人が大勢いるのです。

世界中の教会が12/24日の降誕祭を一応イベントのように祝いますが、本当は何んにもしなくても、平安であるならば、微笑んで挨拶をするだけでいいのです。

 

教会では人々が

「おめでとうございます!」と言葉を交わします。

そのこころは、一人一人の思いに繋がります。

「どうか、全ての人が

幸せな心でありますように。。」

 

なんの楽しみもない施設の老人も、家族のいない人も

甘いケーキやチキン、贈り物なんて、要らない!と思っている人も

この日ばかりは心のベルを鳴らすのかな?、、ジングルベル♪