考え方

丘の途中の小さなホステル

シャンブルドット「畳」は、

セルフスタイルの素泊まり宿です。

 

上諏訪駅から350m。

絶景ポイント立石公園のほぼ真下。

 

駅が近いので駅前から乗車できる各種バスや、電車もすぐ歩いて利用でき便利に諏訪の観光ができます。

 

また自慢の上諏訪温泉の日帰り湯は、駅から殆どが徒歩10分圏内ですからお好きな方は幾つも通えます。

 

つまり、当宿から、諏訪エリアの観光や温泉巡りが、無駄なく、あっちこっちへ、お得に何度でも、廻れるという事です。(できれば2泊以上だと楽チンですね☆)

すわ旅で心癒され、コチコチの体をゆったりと伸ばしてください。

 

上記のマークは、古代ローマの公衆浴場からヒントを得てつくりました。

cure thermaleとは、これもフランス語で湯治の意味です。

 

オット(オーナー)のひとり言

フランス語で宿のオーナーをオットといいます。

私は、40年ほど前、南仏を油で描く女流画家の彼女と宿の話で花が咲き…いつか、歳をとったら自分の住まいを宿につかってもらえれば、いいな〜と思っていました。

サンディアゴ巡礼の旅人に宿を貸すシャンブルドットのような、気楽な民宿のイメージです。

若い時から温泉が大好きでしたから、日本各地の温泉を何十年も巡ってきて、上諏訪温泉の泉質の良さに惚れ込みました。

 

シャンブルドット「畳」は、本場ヨーロッパのシャンブルドットに比べ、料金が僅か3分の1か半額程度ですから、朝食やバスロープ、プールは付いておりません。(笑)  が、上諏訪ならではの、オリジナルなおもてなしをさせて頂きます。

 

10代そこそこから着物を着付け、茶道・華道を習い、骨董や盆栽を含め日本の伝統美、伝統芸が特に大好きでしたから、10代後半の頃は巫女さんのバイトで神楽浦安の舞を踊ったり、又ある時はそれらの経験を纏めて、プランナー職として50万人集客のイベントを大都会でさせて頂いたり…もぅ昔のことですが、

でも「畳」というネーミングは、日本人の生活に無くして欲しくない物として、敢えて付けました。余裕があるときはウェルカムドリンクにお抹茶を点てるようにしています。

最近のマイブームは昔から好きだった苔(コケ)です。宿から1時間の白駒池のコケは一見の価値あり。

 

諏訪は、湖を中心に周囲を山に囲まれ、ちょっと足を伸ばせば、霧ヶ峰、ビーナスライン、八ヶ岳、など素晴らしい大自然が広がっています。

温泉と、自然と、そして何より、諏訪人には人情があります。

ぜひ諏訪へ、当宿へ、おいでください。心よりお待ちしております。