上諏訪通信

二年参り、良いことありそうな新年の始まり!

さきほど、女将の予告通り、手長神社の二年参りに行ってまいりました。

11時45分、宿を出発、手長神社の鳥居の前には達磨さんの屋台が出て、

灯りがまぶしい中、ゲストの皆様と一緒に写真撮影。

台湾と韓国とタイの若者たち、大晦日の夜はアジアンナイトです。

みんなで神殿前に進んだらもう行列ができていました。

カウントダウンのあと、あけましておめでとう、と言い合って、

お参りが先頭の列から粛々と始まりました。

宮坂宮司さんが恭しくお祓いをしてくれる中、

我らはお賽銭を投げて一年の祈願。

そのあと、おみくじを引いて、吉ばかりで、みんな大喜び。

今年は良い年になりそうです。階段を降りて、

社務所の前ではどんど焼きが行われていました。

冷えた体を燃え盛る炎に温めていただきました。

その横では、甘酒とお神酒のおふるまいのテントが張られ、

我らも吸い寄せられるように、お酒を頂戴して、さぁ、乾杯!

新年早々、みんな、礼儀正しく、いい子たちでした。